従来の残業代という概念がそぐわない職種

みなし残業とは、月の残業時間をあらかじめ定めておいたうえで、その残業代をあらかじめ固定の残業代として支払う制度です。

もともと、労働時間に応じた賃金を支払うというのが労働基準法における原則ですが、コンサルタントや研究職、システムエンジニアなどの職種などはどうしても不規則な労働時間になりがちで、従来の残業代という概念がそぐわないことが多くなっています。

そのため、実労働時間の長短に関係なく、一定の時間の残業代を払うというのが正しい意味です。みなし残業制度には、大きく二種類あります。ひとつは「みなし労働時間に基づくもの」で、先程の不規則な労働時間となる職種に適用されるものです。

たとえば月に20時間のみなし労働時間が定められている場合、月の残業時間が20時間以内なら残業代は出ないことになります。もうひとつは「定額残業制に基づくもの」で、これは基本給や年俸のなかに、あらかじめ一定の残業代が含まれているとみなすものです。

基本給に含まれる残業代や時間に達するまでは、残業代を払ったことにしてもいい、という考え方になります。みなし残業は、残業代を固定で支払う制度のことで、その定められた時間や金額を超える残業や、深夜労働、休日出勤などについては、残業代を支払う義務が企業側にはあります。それゆえに、みなし残業を適用する企業は、法律上の要件をクリアする必要があります。

ですが、一方で労働者側が不利益をこうむりやすい制度であることも間違いありません。ゆえに、正しい知識を持ったうえで、自身にとって不利にならない雇用条件にならないよう、注意する必要があります。

残業代の未払いはありませんか?

みなし残業や不当労働問題は千代田中央法律事務所へお任せください。
残業代請求を専門とする弁護士が、一貫して対応いたします。

【みなし残業の最新記事】