国際弁護士の仕事と役割

国際弁護士という言葉を耳にすることがあります。しかしこの名称の資格が特別に設けられていることではありません。国際弁護士とは国際間の法律問題を取り扱って、その問題の解決を専門としている弁護士になります。たとえばどのような業務を行っているのかというと、日本の企業と海外の企業との間で行われる商品売買取引であったり、資本や技術提携や海外で発生した裁判の支援などを行います。すなわち相手先と英語で交渉をすることになります。

海外で活躍をすることが多くなりますが、基本的には国内の法律問題を扱っている弁護士と仕事内容はあまり変わりません。社会の正義と公正を実現するという使命を持って働いています。しかし国際問題を取り扱うと言うことになるので、法律問題以外に人種や国籍や宗教や習慣、このほかには文化や言語などの違いがあるので、この点はしっかりと把握しておく必要があります。

また日本国内でも国際企業の弁護士として活躍する場合もあります。国際弁護士になる方法としてはとくに資格が設けられていると言うことがありません。したがって司法試験に合格をして司法修習を終了して弁護士になるということが基本となります。国際法務に強い法律事務所に就職をするのが近道です。またこの事務所の援助でアメリカのロースクールに留学をして、その国の司法試験を受けて弁護士になるという方法もあります。そのためには法律問題を外国語で議論することができる語学力が必要になります。

国内だけではなく海外でも弁護士として働いている人がいます。そのなかで国際弁護士という言葉を聞くことがありますが、国際的に活動している弁護士と言うことで特別な資格が必要ではありません。したがって明確にこの資格を取得する方法は存在しないのです。実際にどのような人がこの名称を使っているのかというと、国際的な案件に積極的に取り組んでいる経験豊富な弁護士や、海外の弁護士の資格を持っている弁護士ということになります。

海外の案件の取り扱いが多い弁護士ですが、基本的には日本の弁護士の資格が必要になります。このときに海外にも拠点がある企業の顧問弁護士になっている場合には、海外との案件が多くなるので国際弁護士として活躍することが多くなります。国内ではたくさんの弁護士が所属しているという法律事務所がありますが、大企業の顧問弁護士が多くなっているので、海外での経験を積む機会はあります。

このように海外での活躍が多くなると国際弁護士と名乗る人が多くなっています。このほかに海外で弁護士の資格を持っているという人が国際弁護士と名乗ることもあります。この場合には日本の弁護士資格を持っており、海外の弁護士資格も必要になります。しかし海外だけの弁護士資格を持っているというようなこともあります。

海外の弁護士の定め方は日本とは少し異なっています。アメリカでは州ごとに資格が定められているので、ほかの州で働くためにはそこでの弁護士資格が必要になります。すなわち海外で弁護士として活躍している人が基本となるのです。